公務員や会社員ばかりを見ていた私。
ここにこんな人間らしい暖かな幸せがあったとは!
↓ ↓ ↓

私が本当の幸せをつかんだ理由=ファーム女子!

ファーム女子メンバーになって、一緒に楽しみましょう!

ファーム女子メンバーって?

ファーム女子は、農家の方と交流を通じて出会いをつかみ、幸せを目指す女性のあつまりです。
結婚しなくても、もちろんOKです。他のメンバーと一緒にランチやメークアップ教室など様々な楽しいことをしながらも農業について知ってもらう女子会や農家男子とのお得な楽しいパーティーに優先的に参加できます。

「農家に嫁ぐって大変じゃ?」とお思いのアナタへ

つらいイメージが多い農家。

あなたのそのイメージはもう古い?

今の農家での幸せのカタチを、センパイファーム女子に聞いてみました。

【50代畑作】
 畑作農家に嫁いで17年、父の知り合いからの紹介でお見合い結婚致しました。
 よく農家にお嫁に行く事に抵抗が無かったかと聞かれますが、あくまでも農業と結婚した訳ではなく、主人と言う人物と結婚したので、職業は関係なかったのです。仮にお蕎麦屋さんと結婚していたら、愛想良く振る舞い、いいお蕎麦屋さんのオカミサンを目指していたし、政治家の方と結婚していたら、選挙の時には応援演説を頑張っていたに違いありません。
 なので、こうしてご縁があって農家にお嫁に来たのですから、もちろん畑仕事をバリバリ手伝い、夫と一緒に土まみれになって働く農家のおかあちゃんになっています。
 物事を柔軟に受け止め、与えられた環境に馴染む事が、幸せへの第一歩と考えています。とは言っても、お姑さんとの暮らしや慣れない農作業で、精神的にも肉体的にもとても厳しく、無理をして体を壊したりもしました。でも、どんな時も主人への愛❤️また、主人からの愛を頂いて、この17年頑張って来れたのだと思います。
 そして、頑張ったからこその豊かな生活があります。夫婦で同じ作業をするので、お互いに大変さや楽しさを理解し合えるのも農家の良さではないでしょうか。春に蒔き付けた種芋が、夏には美しく花が咲き、秋には収穫という大きな楽しみに変わります。自分が収穫したじゃが芋で、お料理をする素敵✨また、食卓では、農業についてのディスカッションで盛り上がる場面もあり、同じ気持ちで居られるのも幸せな事と思います。
 ただひとつ、自分の体力の無さが農作業をする上で「辛さ」になってしまう事だけが残念です。どんなに機械化が進んでも、機械にセットするのは、人の手だという事実!まだまだ農業には改良の余地がありそうです。
 結婚前は、外に出るのもキライな超インドア派でしたが、今ではすっかり大自然の中で働く事の幸せをかみしめる一次産業の人になりました。肉体労働は、いつのまにか精神をも鍛えてくれていたようです。

【 20代 畑作農家男子と婚約中】
 最初は農家との結婚はないと思っていました。農業という仕事も大変そうでしたし、農家男子イコール勉強してないというイメージが強かったからです。
 でも、紹介され話をしてみると、当たり前ですが、農業について詳しく、私の知らないことばかりを情熱を持って話をしてくれました。
 こんなに自分の仕事にプライドを持ちそしてやりがいを感じ真面目に取り組んでいる人はいる?仕事についてだけではなく、スタイルもいいし、お洒落だし、イケメン!カッコいいと感じ惹かれてしまい、恋に落ちてしまいました。

【40代 畑作専業】
 農家の方と結婚しても仕事を辞める気は全くなく、結婚してからも仕事は続けていました。子供が産まれたことをきっかけに仕事を辞めましたが、子育てが忙しく農作業も手伝える状態ではありませんでした。
 農家の奥さんが集まる組織に加入したことで、農作業にも興味が出始め、現在はお手伝いをしているとともに、農作業の傍ら自宅にネイルサロンを設置し経営しています。時間の融通が利くのが農家に嫁いで良かったと思うところで、自分のやりたいことを諦めなくても良いのが最大の魅力だと思います!

【30代 畑肉複合】
 農家の嫁になるとは思ってもなかったです(笑)たまたま好きな人が農家をしている方だったので迷わず結婚。嫁ぎ先の方針は、結婚=就農だったので仕事を辞めて子育てをしながら農作業をする日々です。
 農家に嫁いで良かったと感じるのは、農業は天候に左右されるので賭けのようなものなので怖い反面、天候にも恵まれ豊作の年は、頑張った分形になって返ってくるのでやりがいは感じます!別宅のお義父さんお義母さんに子どもの面倒をみてもらえたり、子どもの体調が悪い時は農作業を休んで子どもの近くに居れることは家族経営だからこそ出来る農家の良い所だと思います♪

【30代 酪畑複合】
 農家に魅力を持ち、農家と結婚したい願望があったわけではないです・・・。お付き合いをしている頃は、会社に勤めながら休みの日に手伝いに行く生活をしていました。結婚を意識したころに、旦那さんに結婚後はガッツリ酪農業を一緒にやってほしいと言われ、就農を決意。
 「良くも悪くも旦那とずっと一緒に居ることになる」、農家に嫁ぐ方へ伝えたいことですね(笑)
就農当時は搾乳や餌やり、家の仕事などなかなかペースが掴めず苦労しました。ですが嬉しいこと・悲しいこと、牛の様々な場面をみて携わることで自分の仕事に誇りを持てるようになりました。魅力はたくさんありますよ!

【Gallery】Farm josi menber

「農家男子」って?

農家男子の印象って、どのようなものでしょう?
実はパートナーとして魅力的なんです!そんな農家男子の特徴を少しご覧ください。
  • 植物・動物を育てることが仕事なので心優しく、性根が素直です。
  • 不器用なところもありますが、嘘のない毎日を過ごされています。
  • 毎日一緒に過ごすことができます。
  • 子育ては一人ではなく、家族と一緒に育てます。虐待や育児ノイローゼとは無縁です。
  • 自分たちで育てた安全安心な食品を食べることができます。
  • 年収は一般的なサラリーマンより高い (皆さんお金持ち)  ・・・などなど

いかがでしょう?イイ感じだと思いませんか?
また、一途な方が多いのも農家男子の特徴だと思います。

農家男子と仲良くしてみたい女子【ファーム女子のメンバーの募集!】

農家のこと、知ってみたいと思ったアナタ!ファーム女子メンバーになってみませんか?

メンバーについて

  • もちろん会費は無料です。
  • 成婚されても一切お金がかかりません。
  • 年齢制限はありません。
  • エンジェル付きでも大歓迎です。

メンバーの特典

  •  農家男子とのパーティー・ツアーのご案内
  •  農家男子とのパーティー・ツアーを無料でご招待(一部負担の時も有)
  •  女子会のご案内
  •  女子会の無料ご招待
  •  パーティ・ツアー参加者には、一年に一回、新鮮野菜のプレゼント(予定)
ファーム女子の活動は、地域の公共団体や自治体に支援されていますので、安心してご参加ください。
下のフォームからのお申し込みをお待ちしております。

ファーム女子お申込み

血液型 (必須)
ABABO

アルコール (必須)
飲む飲まない

子供 (必須)
いるいない

何で知りましたか? (必須)
ポスターホームページFacebookInstagram知人・友人フリーペーパー

身分証明書の写真 (必須)

※運転免許証やパスポートなどの顔写真付き身分証明書を撮影して添付してください(5mbまで)